INFO
INFO

お知らせ

2019.12.31 | スタッフブログ

2019年ありがとうございました

皆さんこんにちは。社長の長谷です。

今日は、2019年大晦日。

今年も多くの方々に大変お世話になりました。

お世話になった方々にあらためてお礼申し上げます。ありがとうございました。

皆様にとって、2019年はどんな年でしたか?

2020年はどんな年になるのでしょうか?

 

さてこのブログ上でも何度か登場しました、三重県の「Y様邸」ですが、

何とか工期ギリギリ間に合いまして、

12月27日(金)に無事お引渡しができました。

前日の夜まで工事をしていまして、ライトアップされた写真がこちらです。

本当は別途のシンボルツリーを1本植えてライトアップする予定だったのですが、

Y様の方では植える予定は無いとの事。

それでは寂しいので、私がポケットマネーで1本用意させていただく事になりました。

機会があれば、その後の写真をまたご紹介できればと思います。

 

前回、部長のブログでご紹介しました、我が家の新車“トゥインゴ君”について、

私から少々補足したいと思います。車にご興味ありましたら、続けてお読みください。

さてこのルノー/トゥインゴという車、我が家に来た車は初代から数えて3代目です。

初代は日本のH技研の○○デイという車のパクリとか酷評を受けまして、

2代目もどこかで見たような…となんともパッとしない車でした。で、

3代目ですが、2010年にルノーとあのベンツが仲良くなりまして、

ベンツの別ブランドのスマートというメーカーのフォーフォーという車と共同開発されることになりました。

車両の走行に関する基本的な部品は共通です。

もともとスマートというメーカーは走行性能に優れた車を開発販売していまして、

この3代目トゥインゴもその恩恵にあやかった形になりました。

エンジンは900CCのターボチャージャーで、駆動はRRです。

メーカーはRR(リアエンジン+リア駆動)と言っていますが、

リアアクスルの前方にエンジンを設置していますので、

これは紛れもなくミッドシップエンジンです。

(ちなみに私のプライベート車はホンダのS660という車で、純粋なミッドシップです)

ミッションは欧州車によく採用されているツインクラッチのツーペダルミッションです。

普通にオートマ免許で乗れますが、クラッチ操作を自動で行ってくれる賢いミッションです。もちろんマニュアルモードでも走れます。

ルノーというメーカーは往年のアルピーヌやサンクターボといったスペシャルな車を世に出した事があるメーカーです。今の日本では、あのゴーンさんのいたメーカーとして少々イメージが良くないかもしれませんが、世界的にはF1をはじめ知名度はあるメーカーです。

そのルノーの基幹車として開発された車ですから、悪いわけないのですが、なぜ皆さん知らないのでしょうか?なぜ売れないのでしょうか?先にも書きましたが、

エンジン・シャシー・ミッションも凝ってます。お金かかってます。

装備だって国産に比べてもそんなに悪くないと思います。価格も標準車で≒200万円です。

肝心の乗りごごちですが、フランス車ですから悪くないですよ。

と、ここまでルノー日産の代弁を書きました。

で、我が家に来た車は、そのトゥインゴの限定車です。

標準車より+16万円で、その倍近い装備が付いた車で、全国限定150台の1台です。

都道府県で割りますと、概ね岐阜県では2~3台といったところでしょうか。

で、先日わかったのですが、すぐご近所(同じ町内)にその限定車を買われた方がいるではありませんか!!

岐阜県に2~3台の2台が同じ町内でした。

びっくりしました。最初見たときは、なぜ我が家の車がここに停まっているの?

それもカーポートの中に??    よく見るとナンバーが違ってました。

ちなみに同じ町内にトゥインゴの標準車を買われた方もいます。こちらは先輩です。

もっともっと売れると良いな…と考えながら、

そんなに売れると希少価値が無くなるから嫌だな…とも思う複雑な心境です。

私も車は大好きですが、先日同じように車が大好きで、とても詳しい友人に

我が家のトゥインゴを披露しましたが、「知らんかった!」との事。

たぶんよほどの車好きでないと買わない車なのでしょうか?

 

ここまで趣味の話題に付き合っていただき、ありがとうございました。

明日からの2020年、良い年になりますように…

scrolltop
  • ワークショップ
  • 不動産
  • 動的診断
  • instagram
無料査定
住所:

※住所を入力して送信ボタンをクリックするとカルテ作成画面に移動します。