INFO
INFO

お知らせ

2019.12.18 | スタッフブログ

ボディクリームをどこで塗るか問題

こんにちは。営業課の八代です。

今回はちょっと長文です。

皆様は冬場の乾燥対策を行ってみえますでしょうか。

私は昔から肌が強靭なため季節やスキンケア用品の変化による影響は全く受けてこなかったのですが、今年何故だかものすごく肌がカッサカサです。加齢の影響でしょうか悲。

顔はもちろんのこと全身カサカサで、最近は特に肘や脛やお腹など体の痒みに悩まされています。
あまり普段からボディクリームを塗る系女子じゃないのですが、この痒みに耐え兼ね、薬用のクリームをお風呂あがりに塗ることにしました。

しかしここで問題が・・・

お風呂上りに塗るといっても、タオルで拭いた後も少し肌は濡れているため、そこにすぐ塗ることは嫌で、どうしてもタイムラグが発生します。今は冬。脱衣室の温度はどんどん下がっていくため、結局暖房のついているリビングに戻って塗ることになります。(自分の部屋は2階でそこまで行って暖かくない部屋で塗るのも億劫・・)しかしリビングには一人暮らしでない限り家族がいるためなんとなくおおっぴらに塗ることができません。。

この問題に直面した時思いました。世の女性たちは一体家のどこでボディクリームを塗っているのか?と。。
私が面倒くさがりなだけで皆さん各自部屋に戻っているのでしょうか、それとも脱衣室を温かくして過ごしているのでしょうか。そもそも寒くなっていくような脱衣室ではないのでしょうか。でも洗面所と一体になった洗面脱衣室では家族が入ってくることもあります。
そしてこの問題は普段のメイク場所もそういえば皆さんどうしてるのかなあと思うきっかけでもありました。
お母さんが小さな子供たちから目を離して自分の部屋でメイクしているのでしょうか。おそらく多くの方はリビングやダイニングテーブルでメイクしているのでしょうが、メイク道具をしまっておく場所は?鏡は?リビングにドレッサーが置いてあるのも不格好だし・・うーん。

過ごしやすくでも見た目にもすっきりした家づくりは奥が深いなと考えさせられる出来事でした。
こういった私生活の本当に細かな自分だけの習慣や動線を把握してこそ本当に快適な我が家ができるのかもしれませんね。

そして思いました、自分の家を考える時は洗面脱衣室と直結したプライベートスペースをつくりたい、と・・。

参照:画像元https://www.buzzfeed.com/jp/hanakushibuchi/bodycare2019

scrolltop
  • ワークショップ
  • 不動産
  • 動的診断
  • facebook
無料査定
住所:

※住所を入力して送信ボタンをクリックするとカルテ作成画面に移動します。