家づくりのその先へ。ご家族の笑顔を、ずっと守りたい

住まいは家族がともに年月を紡いでいく場所。
暮らしの中に、お互いを思うあたたかい気持ちがある。みんなのほころぶ笑顔や、育まれる絆がある。
そう、住まいには家族の幸せがぎゅっと詰まっているのです。
今、私たちの生活は便利になる一方で、自然災害などの不安から逃れることは難しく、
家づくりは真の強さや豊かさが求められる時代になりました。
でも本当に必要なのは、これからだと思うのです。
かけがえのない暮らしの営みを、確かな安心を住まい手の方々にお届けするために
家づくりにできることを考え、実践していく。それが一新建設の使命だと考えています。

ご家族の笑顔をずっと守りたい。
その思いを胸に、一新建設はこれからも歩み続けます。

STORY

創業時の思いを継ぎ「守り続けること」、もっと私たちらしく「チャレンジしていくこと」の両面から、
一新建設とはとはどんな会社かをご紹介します。

STORY_01

since1980年

一新建設の歩みは、宮大工だった創業者の長谷廣夫が1980年、岐阜城と長良川を望む岐阜市東島の地に創業したことに始まります。良質の木材と伝統的な日本の建築技術を駆使した家づくりは口コミで評判となり、やがて地域工務店として地歩を固めるにいたりました。1棟1棟、まじめに、丁寧に。そんな家づくりは一新建設の企業DNAとして大切に受け継がれています。

STORY_02

進化のきっかけは阪神・淡路大震災

創業時から、木の特長を生かした丈夫で長持ちする家づくりにこだわってきた一新建設ですが、その考えをさらに進化させるできごとがありました。それは1995年に起きた阪神・淡路大震災。多くの命が建物の倒壊と家具の転倒によって失われたことを知り、地震の「揺れ」から家を守る重要性を痛感したのです。そして「大きな地震がきても、まずは家にいるんだよ」と、子どもたちに話せる真に安全・安心の住まいをご提供しようと独自の取り組みを続けてきました。

STORY_03

家づくりをもっと楽しく、自由に

一新建設の家づくりは、まだ訪れていない未来の暮らしを、お客様と一緒に思い描くことから始まります。住まいはご家族の数だけ、ふさわしいカタチがあるといっても過言ではありません。お客様の想像を超える魅力的なアイデアを具現化すること。安全品質に一切の妥協を許さないこと。そして、全ての効率を最大化すること。それらが実現できたとき、きっと最高の住まいがつくれるのだと、私たちは信じています。

STORY_04

建ててからがお付き合いの始まり

家づくりは「完成がゴール」ではありません。私たちはむしろ、完成が本当のお付き合いの始まりと考え、メンテナンスはもちろん、ご家族のライフスタイルの変化に合わせたリフォームのご提案や、住み替えのお手伝いなど、細やかなフォローで住まいの安心をずっと見守り続けます。また、ワークショップなどを通じて子どもたちに木に触れる機会を提供し、住まいや地域への愛着を育むお手伝いも行っています。

一新建設が考える理想の住まい

  1. 地震に強く、安心して長く住めること
  2. 世界にひとつのデザインであること
  3. 心も体も家計もずっとラクであること

県内地元ビルダー初の「実物大住宅耐震・制震実験」という試み

地震から大切なお客様の命と財産を守ることを使命とし、耐震・制震・動的検証にこだわる当社では、県内の地元ビルダー規模では初の試みである、実際の建物を使って耐震性や制震性を測定する「実物大住宅耐震実験」を導入しました。
そして大地震や「くり返し地震」を想定した実験を行い、耐震性・制震性の向上を図っています。

動的診断とは?

数字で見る一新建設

創業1980年
「お客様に喜ばれる家をつくろう」。この創業の決意から、一新建設は生まれました。
年間12棟
まじめな家づくりに取組むため、年間施工数を12棟とさせていただいております。
従業員の4/11が建築士
一新建設の従業員11名のうち、4名が建築士の資格を保有。理想の住まいをゼロから一緒に考えます。
制震対応100%
一般的にはオプションとなる制震装置。一新建設では建物ごとに必要な場所・個数を標準装備します。
建築現場の動的診断実施率100%
筋交いを入れたタイミングで専用機器を用いてお客様の家屋を動的に検証。必要に応じて制震機能を追加します。
常に 一新
一新建設はその時代、時代にあった「理想の住まい」を追い求め、変化を恐れずチャレンジしていきます。

※2018年3月現在

PEOPLE

MOVIE

一新建設イメージ動画
PAGE TOP