INFO
INFO

お知らせ

2020.1.31 | スタッフブログ

屋久島 山編

あっという間に今年ももう一ヵ月が過ぎようとしています。

もちろん新年気分はとうに抜けていますが、引き続き新年旅行の屋久島ネタをさせていただきます♪

今回は山編です。

屋久島といえば縄文杉!むしろ他に何かあるの?という方も多いはず。

もちろん縄文杉も本当に素晴らしいです。

樹齢推定2000年代から7000年までとも言われ、人間には理解できない長い年月を経て今もなおそこに生き続けている、そう考えると見たときには言葉に表せない思いになります(表現力の乏しさすみません)

しかし屋久島には縄文杉以外にも樹齢1000年を超える屋久杉が多くあります。

しかも縄文杉は観光客の増加に伴い、根が踏み固められ傷んでしまった為、展望デッキが設置され、現在は15m離れた場所からしか見ることができません。

それに比べ、他の屋久杉は間近まで行け、触れることができるものもあります。

(中にはデッキが設けられている所もありますのでマナーは守りましょう)

紀元杉 推定樹齢3000年

天柱杉 推定樹齢1500年

千年杉

では屋久杉の次に有名?なのが、もののけ姫のモデルとなったともいわれる苔むす森

本当にこだまが出てきそうな雰囲気です。

また、「黙れ小僧!」で有名な、夜中にアシタカとモロが対峙したシーンの風景にそっくりな太鼓岩。高所恐怖症の方には少し怖い場所かもしれませんが、晴れていると本当に雄大な景色が広がっています。

ウィルソン株

ガジュマル

大川の滝

本当に素晴らしい自然がいっぱいです。(語彙力の無さすみません)

次回は最終、温泉&料理編です!

 

不動産部  髙木

 

2020.1.30 | スタッフブログ

自然が起こす不思議

とある休日 自宅にてぼんやりと空を眺めると・・・

綺麗に青と白の境目がある空で、面白いなぁ~と思い写真に収めました。

見渡す限り東西にくっきりと一直線

自然が起こす不思議な景色を暫く楽しみました。

 

福井

2020.1.29 | スタッフブログ

猫派宣言のその後

こんにちは。広報担当です。

以前ブログで猫派宣言をしたのですが、相変わらず猫派続行中です。

先日そんな猫派にはたまらない商品を発見し、まんまと購入してしまった商品がありまして…

こちら、猫のおまんじゅうです!!🐱♡

何とも言えない、ちょいブスな猫ちゃん達!!ときめきます…

 

こちらは何気なくSNSを見ていて見つけた商品で、飛騨高山にある和菓子屋さんの稲豊園というお店のネット通販で購入しました。

完全に一目惚れでした。

チラシや手提げ袋もこだわっていて、とても可愛い商品でした。もちろんお味も美味しかったです。

 

ネット購入の一番のメリットは、何と言っても遠くのお店でも買い物が出来るという点だと思います。他県やましてや海外の商品も家にいながら購入できる便利さが、私の購買意欲に拍車をかけてしまいます。。

 

今現在はまだまだ思案中の段階ですが、今後弊社でも端材やそれを利用したインテリア、小物などの製作販売が出来たらもっと面白いなぁと青写真を描いたり描かなかったりしています。

 

――――ここまで読んでいただき、ありがとうございました――――

 

 

2020.1.28 | スタッフブログ

オリーブの木

皆さんこんにちは。社長の長谷です。

前回のブログ(2019/12/31)でお話ししました、Y様邸ですが、

昨日やっと樹を植えました。

「1本プレゼント」という事で、

担当の奥村と苗木屋さんに行って購入したのですが、

奥村がこだわりまして、

どうしても“オリーブの木”が良いと言い張るもので、オリーブの木になったのですが、

お店のスタッフの方から、

「品種の違う木をもう1本買って、2本にすると実がなる可能性がありますよ」

とのアドバイスで2本になりました。

皆さんご存知でしたか?

わたしも2本必要だとは知っていたのですが、

銀杏のように『雄・雌』だと思っていました。

オリーブは寒さに強い木ですが、

実がなるには、上記の条件の他に気温も必要だそうです。

Y様邸の建っている三重県北部の某地域は、

お話を聞いていると、雪も多く、結構寒い地域みたいですので、

お客様には、「実がなると良いですね」と控えめにお伝えしました。

 

ライトアップの写真のビフォーアフターをご覧ください。

ビフォー

アフター

アフターの写真はY様からメールでいただきました。

Y様ありがとうございました。

 

植えている作業中に奥様とお話したのですが、

「とっても快適です。リビングにはまだエアコンを付けていません。

どうしても寒い夜はホットカーペットと電気ストーブを付けますが、

日中は天気がいい日は暖かく、近所に住む姪も遊びに来ては、

『暑い』と言うくらいです。」とか、

「主人のお母さまが完成後に見に来られ、

『なんというステキなお家なの!』とびっくりしてました」

とかご感想をお聞かせいただき、

この仕事をしていて良かった、と実感したひと時でした。

Y様ありがとうございました。

2020.1.27 | スタッフブログ

家族サービス

こんにちは

営業課の長谷です。

 

年始に家族で東京ディズニーランドへ行ってきました。

 

一番印象的だったのが、

 

 

シンデレラ城が工事中でした。

 

現実のシンデレラ城は童話と違い、

建築確認申請も必要で、国に登記もしてある建築基準法に則った建築物です。

建物の耐久性向上や、思わぬ事故を防ぐためにもメンテナンス・修繕工事はかかせません。

 

 

弊社でも既存住宅の外装リフォーム工事を得意としております!

何かお困りごとが御座いましたら、一度お声かけ下さい!

2020.1.24 | スタッフブログ

建物内部作成へ

こんにちは。工事課の日比野です。

 

この冬は、今のところ雪が降らないので工事は大変助かっております。

とは言え、寒い日が続きインフルエンザも流行しているので体調管理には皆様も十分気を付けて下さい。

 

昨年12月初旬に建方をさせて頂いた、羽島市内のFの家が内部の断熱材吹付も終わり、いよいよ大工さんが内部の造作(壁・天井や床を作製する事です)に入りました。

既に天井の下地はほぼ完了し、現在床の無垢フローリングの施工中です。

これから間仕切壁を作製すると各部屋の空間が解りやすくなり建物らしくなります。

建築工事に興味のある方はお問い合わせください。

2020.1.21 | スタッフブログ

断熱施工

こんにちは。

 

設計課の澤田です。

 

現在施工中のY様邸の現場の進捗を確認に行きました。

 

 

断熱工事が完了していました。

 

弊社では現場施工の発砲ウレタン断熱を採用しております。

 

この断熱の一番のメリットは、完成品をはめ込むタイプの断熱材と違い

 

現場吹付の為、構造躯体と断熱材の隙間ができないことです。

 

その他にはセルロースファイバーも採用することができます。

 

それぞれ一長一短ありますのでご興味のある方は気軽にご相談ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2020.1.20 | スタッフブログ

暖冬

こんにちは。

今季は岐阜市はもちろん、不破郡や揖斐郡の町中でも雪が降っていませんね。

スタッドレスタイヤに交換する必要はなかったのかと思うほどの暖冬です。

 

よくニュースで取り上げられているオーストラリアの山火事。

昨年の記録的な暑さや雨不足による乾燥によって悪化しているといわれています。

地球温暖化による現象を目の当たりにし、子どもたちが暮らしていく未来の地球が心配になります。

 

WWFジャパンでは「身近な暮らしのなかでできること」としていくつかの例を載せています。

その中ですぐに取り組めそうなものがありました。

・生活の中でできる省エネを心がける

・ガソリンは極力使わず、歩く!自転車にのる!

・ゴミを減らし、分別して、資源を有効に利用する

・食べ物を捨てない

 

意識して暮らしていこうと改めて思いました。

 

不動産部 鹿谷

2020.1.18 | スタッフブログ

鉄骨造倉庫 解体

 

工事課の豊田です。

 

2020年度、最初の現場が始まりました。

 

鉄骨造の倉庫を解体します。

 

突然ですが、「解体」と聞くと皆さんはどんなイメージでしょうか。

 

大がかりで、重機がたくさんで、音が大きくて、なんだか怖そうな感じ、、

 

これらは私が学生時代にもっていた解体のイメージです。

 

さらに、学生時代のわたしは解体は上からつぶしていくだけ。と思っていました。

 

建設業に就いて2年弱、なんて失礼な勘違いをしていたのだろうと、あの頃の私をぶん殴ってやりたいです。

 

そもそも解体はとても繊細な作業だったのです。

 

使っているモノこそ大きかったりゴツかったりですが、それを器用に使いこなしてさまざまなところに意識を向けながら

 

慎重に作業されています。

 

ただ壊せば良いだけじゃないのです。あくまで解体です。

 

構造や性質を理解したうえで、どこから手を付けていくのか、どのように進めていくのか、

 

経験と知識と腕のある職人の方々が進めてくださいます。

 

現場を見ていても、完成された姿から徐々にはがれていき隠れていた内部が見えてくるのは、

 

とても勉強になり、楽しいです。

 

また、進捗状況をお伝え出来たらなと思います。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

2020.1.17 | ニュース

【NEW!】不動産ショップのホームページ

日頃は格別のお引き立てをいただき、ありがたく御礼申し上げます。

 

***

先日、LIXIL不動産ショップ一新不動産のホームページが心機一転リニューアルいたしました。

 

※  ↑  の写真をクリックすると新サイトが開きます

 

今回リニューアルしたことによるイチオシポイントは、なんと言っても画期的な使い勝手です。

 

最近は土地の売買や中古物件などの不動産情報も、Webから情報収集する方がとても多いです。
そんなお客様のニーズに応えて、弊社の新サイトでは、地図上から一気に不動産情報を閲覧できるGooglemapを導入致しました。

 

となったり・・・、

 

 

というように、1画面で土地勘や物件情報を閲覧できるので、比較検討もしやすくなりました。

 

 

その他ショップ情報やお店の写真もふんだんにUPしておりますので、
是非ご覧下さい。

 

 

2020.1.17 | スタッフブログ

過ごしてこそ

先日、昨年度一新建設で施工させていただきました株式会社池のや様にお邪魔しました。

工事課見習いとして入社まもなく日比野専務について毎日のように通った思い出の場所です。

完成してからのピカピカだけど何もなかった空間(施工事例はこちら)に、お客様ご夫婦の過ごされている風景があちこちに見えるようになっていて、とても貴重な訪問をさせていただけました。

建築現場では下地に使われることが多い針葉樹合板が全面あらわしに使われ、完成当初からとてもおしゃれな空間でしたが、お二人の抜群のセンスで配置されたインテリアや、お仕事の場として使われている機能的な面の両方が感じられてより一層よい雰囲気の空間となっていました。

(私の写真技術では魅力の半分も伝わらないことが悲しいです。。うう。。)

ご夫婦とも北欧家具がお好きということで、私も以前フィンランドへ一人旅するほど北欧家具の巨匠アルバ・アアルトやYチェアで有名なハンス・ウェグナーなど興味がありましたので、何気なく置かれている北欧家具のあちこちにも感銘を受けました。
革製品を作られているお二人だからこそ、椅子の骨組だけを活かし、座面はお客様自身が革で編んだオリジナルな家具になっているところも素敵でした。真似したいけれどプロにしかできない技です。

建物はピカピカ新築もいいけれど、そこに住まう、使う人々がその空間を過ごしてこそ、その人らしさが出た味わい深いものになっていくなあとあらためて感じました。

一新建設では新築でお世話になりましたお客様にもお気軽にお家の相談事をお受けしています。
過ごされていく中で気になった点や、何気ないご質問など、お待ちしております。

営業課 八代

scrolltop
  • ワークショップ
  • 不動産
  • 動的診断
  • facebook
無料査定
住所:

※住所を入力して送信ボタンをクリックするとカルテ作成画面に移動します。