INFO
INFO

お知らせ

2019.12.31 | スタッフブログ

2019年ありがとうございました

皆さんこんにちは。社長の長谷です。

今日は、2019年大晦日。

今年も多くの方々に大変お世話になりました。

お世話になった方々にあらためてお礼申し上げます。ありがとうございました。

皆様にとって、2019年はどんな年でしたか?

2020年はどんな年になるのでしょうか?

 

さてこのブログ上でも何度か登場しました、三重県の「Y様邸」ですが、

何とか工期ギリギリ間に合いまして、

12月27日(金)に無事お引渡しができました。

前日の夜まで工事をしていまして、ライトアップされた写真がこちらです。

本当は別途のシンボルツリーを1本植えてライトアップする予定だったのですが、

Y様の方では植える予定は無いとの事。

それでは寂しいので、私がポケットマネーで1本用意させていただく事になりました。

機会があれば、その後の写真をまたご紹介できればと思います。

 

前回、部長のブログでご紹介しました、我が家の新車“トゥインゴ君”について、

私から少々補足したいと思います。車にご興味ありましたら、続けてお読みください。

さてこのルノー/トゥインゴという車、我が家に来た車は初代から数えて3代目です。

初代は日本のH技研の○○デイという車のパクリとか酷評を受けまして、

2代目もどこかで見たような…となんともパッとしない車でした。で、

3代目ですが、2010年にルノーとあのベンツが仲良くなりまして、

ベンツの別ブランドのスマートというメーカーのフォーフォーという車と共同開発されることになりました。

車両の走行に関する基本的な部品は共通です。

もともとスマートというメーカーは走行性能に優れた車を開発販売していまして、

この3代目トゥインゴもその恩恵にあやかった形になりました。

エンジンは900CCのターボチャージャーで、駆動はRRです。

メーカーはRR(リアエンジン+リア駆動)と言っていますが、

リアアクスルの前方にエンジンを設置していますので、

これは紛れもなくミッドシップエンジンです。

(ちなみに私のプライベート車はホンダのS660という車で、純粋なミッドシップです)

ミッションは欧州車によく採用されているツインクラッチのツーペダルミッションです。

普通にオートマ免許で乗れますが、クラッチ操作を自動で行ってくれる賢いミッションです。もちろんマニュアルモードでも走れます。

ルノーというメーカーは往年のアルピーヌやサンクターボといったスペシャルな車を世に出した事があるメーカーです。今の日本では、あのゴーンさんのいたメーカーとして少々イメージが良くないかもしれませんが、世界的にはF1をはじめ知名度はあるメーカーです。

そのルノーの基幹車として開発された車ですから、悪いわけないのですが、なぜ皆さん知らないのでしょうか?なぜ売れないのでしょうか?先にも書きましたが、

エンジン・シャシー・ミッションも凝ってます。お金かかってます。

装備だって国産に比べてもそんなに悪くないと思います。価格も標準車で≒200万円です。

肝心の乗りごごちですが、フランス車ですから悪くないですよ。

と、ここまでルノー日産の代弁を書きました。

で、我が家に来た車は、そのトゥインゴの限定車です。

標準車より+16万円で、その倍近い装備が付いた車で、全国限定150台の1台です。

都道府県で割りますと、概ね岐阜県では2~3台といったところでしょうか。

で、先日わかったのですが、すぐご近所(同じ町内)にその限定車を買われた方がいるではありませんか!!

岐阜県に2~3台の2台が同じ町内でした。

びっくりしました。最初見たときは、なぜ我が家の車がここに停まっているの?

それもカーポートの中に??    よく見るとナンバーが違ってました。

ちなみに同じ町内にトゥインゴの標準車を買われた方もいます。こちらは先輩です。

もっともっと売れると良いな…と考えながら、

そんなに売れると希少価値が無くなるから嫌だな…とも思う複雑な心境です。

私も車は大好きですが、先日同じように車が大好きで、とても詳しい友人に

我が家のトゥインゴを披露しましたが、「知らんかった!」との事。

たぶんよほどの車好きでないと買わない車なのでしょうか?

 

ここまで趣味の話題に付き合っていただき、ありがとうございました。

明日からの2020年、良い年になりますように…

2019.12.28 | スタッフブログ

組積造 完成

約2か月にわたってご紹介してきました、

組積造の危険物貯蔵庫が完成しました。

 

一般住宅では見ることのない特殊な設備が付いてます。

 

建物の完成度・品質は現場監督はもちろん、

直接の造り手である職人の腕前に左右されます。

弊社では高い技術力を持った信頼のおける職人にのみ施工を依頼しております。

非木造・非住宅も得意としてますので、弊社にお任せください。

 

営業課 長谷

2019.12.28 | ニュース

【お知らせ】2019年度‗年末年始休業のご案内

日頃は格別のお引き立てをいただき、ありがたく御礼申し上げます。
誠に勝手ながら、年末年始休暇を下記の通りとさせて頂きます。

 

<年末年始スケジュール>

2019年12月29日() ~ 2020年1月7日(火) 年末年始休暇

2020年1月8日(水)  社内研修    ・・・急なお困りごとがある場合は、お電話ください。

2020年1月9日(木) ~ 通常営業

 

不動産ショップも同様です。

 

休暇中はご迷惑をお掛けしまして申し訳ございませんが、 何卒ご了承の程よろしくお願い致します。

2019.12.27 | スタッフブログ

完成!

こんにちは。工事課の日比野です。

 

今年も残り僅かになり、風邪などひいていませんか?

我が家の娘は先週インフルエンザに掛かり、5日ほど隔離され寝ていましたが、皆様お正月を健康な体で迎えれるよう体調管理には十分気を付けて下さい。

 

さて、タイトルの件ですが、7月末に着工し9月末に上棟を迎えた三重県のY様邸がほぼ完成いたしました。

外観はコンクリート打ち放し風で落ち着いた感じに仕上がりました。

内観は黒をベースとし、腰壁にOSBボード(木片を固めた様なべニアです)をあしらい、シックな感じになっています。

 

27日に完成引渡しです。

これで、約5か月続いた遠距離通勤が一段落します。

Y様有難うございました。

2019.12.26 | スタッフブログ

インフルエンザに注意

お疲れ様です。

 

工事課の松野です。

 

インフルエンザが流行っております。

 

うちの子供の幼稚園でも休んでいる子がいるらしいです。

 

私も常時マスクです。

 

皆さんも気を付けてください。

2019.12.24 | スタッフブログ

上棟

こんにちは。

 

設計課の澤田です。

 

新築のご依頼を頂いております、Y様邸の上棟が先日行われました。

 

30~40坪ほどの建物ですと、朝8時から8~10人ほどの職人さんで作業を開始して、

 

夕方4時頃に完了します。

 

↑午後2時頃の状況です。

 

写真の状態で建前作業としてはほぼ完了していますが、この後ブルーシートで雨養生を行い、

 

屋根のルーフィング(防水シート)まで施工して雨仕舞を行い作業終了となります。

 

当日はY様ご家族皆様にも1日ご見学いただきました。

 

有難うございました。

 

この後の工程は、外部先行(外壁・屋根)で工事を進めていきます。

 

また現場状況アップしていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

2019.12.20 | スタッフブログ

ハトとウサギ

みなさん、こんにちは。

不動産部の鹿谷です。

 

ほとんどの不動産業者は『ハトマーク』もしくは『ウサギマーク』をシンボルとした保証協会に加入しています。

 

『ハトマーク』全国宅地建物取引業保証協会(通称:全宅)

2羽の鳩は会員とユーザーの信頼と繁栄を意味しています。(全国宅地建物取引協会連合会HPより)

当社はこちらに加入しています。

 

『ウサギマーク』全日本不動産協会(通称:全日)

的確に情報をキャッチする耳、未来を見る眼、躍進するジャンプ力ある足をもった「うさぎ」が協会のシンボルマークです。(全日本不動産協会HPより)

 

違いは何?

・全宅「ハト」は全国の宅建業者の約80%が所属しています

・全日「ウサギ」は昭和27年設立された業界最古の歴史を誇っています

・入会費用が違います

 

皆様が不動産業者を選ぶ際に、どちらがいいということは全くありません。

『ハト』と『ウサギ』で仲が悪いなんてことも、もちろんありません。

ちなみに私が以前勤めていた会社は『ウサギ』でしたが、違いは感じません。

どちらでも安心してご相談いただけます。

2019.12.19 | スタッフブログ

趣味のおはなし。

 

こんにちは、工事課の豊田です。

 

突然ですが、皆さんには趣味はありますか?

 

よく聞かれがちな質問ですが、なかなか答えづらいなぁと思ってしまいます。

 

ですが、趣味がないわけではないんです。

 

MAXの熱量で話すと確実にひかれてしまうので3割くらいでお話ししようと思いますが、、

 

 

 

私は、ドルオタです。

 

もはや、これは趣味ではなく人生そのものなのですが。(たぶんこの発言がアウト)

 

某アイドル事務所が大好きで日頃から生きる活力をもらっています。

 

そして特に推しているグループがふたつあります。

 

デビュー20周年を迎えたグループとデビューが決まったばかりのグループです。

 

先日、20周年を迎えた推しのライブに行ってきました。

 

これがもう最高でした。最高すぎました。幸せです。本当に最高だったんです!

 

すでに、2020年で活動休止の発表がされていますが、

 

何年かかっても戻ってきてくれるのを待ってるよ、むしろ待たせてほしい。

 

そんな気持ちで今、わたしはたぎっています。

 

そう思わせてくれるライブでした。ありがとうしかありません。泣

 

来年は21周年に突入です。

 

そしてもうひとつの推しグループのデビュー年でもあります。

 

(こちらのグループもまたいいんです!この話はつぎの機会があればぜひ聞いていただきたい)

 

そんなこんなで私のオタ活も大忙しになることでしょう!最高です。

 

張り切って頑張ります!

 

 

今回は読んでいる方を完全に置いていく話でごめんなさい。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

 

 

 

 

2019.12.18 | スタッフブログ

ボディクリームをどこで塗るか問題

こんにちは。営業課の八代です。

今回はちょっと長文です。

皆様は冬場の乾燥対策を行ってみえますでしょうか。

私は昔から肌が強靭なため季節やスキンケア用品の変化による影響は全く受けてこなかったのですが、今年何故だかものすごく肌がカッサカサです。加齢の影響でしょうか悲。

顔はもちろんのこと全身カサカサで、最近は特に肘や脛やお腹など体の痒みに悩まされています。
あまり普段からボディクリームを塗る系女子じゃないのですが、この痒みに耐え兼ね、薬用のクリームをお風呂あがりに塗ることにしました。

しかしここで問題が・・・

お風呂上りに塗るといっても、タオルで拭いた後も少し肌は濡れているため、そこにすぐ塗ることは嫌で、どうしてもタイムラグが発生します。今は冬。脱衣室の温度はどんどん下がっていくため、結局暖房のついているリビングに戻って塗ることになります。(自分の部屋は2階でそこまで行って暖かくない部屋で塗るのも億劫・・)しかしリビングには一人暮らしでない限り家族がいるためなんとなくおおっぴらに塗ることができません。。

この問題に直面した時思いました。世の女性たちは一体家のどこでボディクリームを塗っているのか?と。。
私が面倒くさがりなだけで皆さん各自部屋に戻っているのでしょうか、それとも脱衣室を温かくして過ごしているのでしょうか。そもそも寒くなっていくような脱衣室ではないのでしょうか。でも洗面所と一体になった洗面脱衣室では家族が入ってくることもあります。
そしてこの問題は普段のメイク場所もそういえば皆さんどうしてるのかなあと思うきっかけでもありました。
お母さんが小さな子供たちから目を離して自分の部屋でメイクしているのでしょうか。おそらく多くの方はリビングやダイニングテーブルでメイクしているのでしょうが、メイク道具をしまっておく場所は?鏡は?リビングにドレッサーが置いてあるのも不格好だし・・うーん。

過ごしやすくでも見た目にもすっきりした家づくりは奥が深いなと考えさせられる出来事でした。
こういった私生活の本当に細かな自分だけの習慣や動線を把握してこそ本当に快適な我が家ができるのかもしれませんね。

そして思いました、自分の家を考える時は洗面脱衣室と直結したプライベートスペースをつくりたい、と・・。

参照:画像元https://www.buzzfeed.com/jp/hanakushibuchi/bodycare2019

2019.12.17 | スタッフブログ

お洗濯日和

設計課 奥村です

 

昨日はよく晴れて暖かい日でしたね。

”お洗濯日和”という事で焼杉のお洗濯をしました!

室内用の建具の表面材に使う計画なので触っても炭が付かないように

表面の炭部分を高圧洗浄機で落としました。

炭の下には渋くて良い雰囲気のこげ茶色が眠っています。

 

一体どんな建具が出来るのでしょうか?

完成したらこちらでご紹介させて頂きます(^^)/

 

 

ここまで読んでいただきありがとうございました。

 

2019.12.16 | スタッフブログ

お披露目

こんにちは。

相変わらず日が経つのは早いもので、もう12月も中旬となりました。

が、まだ年賀はがき買ってない事に焦りも感じていない、わたくし総務課の長谷です。

 

 

フィット君とお別れして1ヶ月、とても愛着があった車だったはずなのに・・・

すでに新たに長谷家の一員となったトゥインゴさんの魅力にはまりつつある今日この頃・・・

限定車なので同じデザインの車を見ないのは分かってはいたのですが、限定車どころか標準車でさえ殆どお目にかかることのないトゥインゴという車。

フランスのルノーが作っている車で、そうなんです、長谷家では初めての外車なのです!!

一度は外車に乗ってみたいという社長の一言でその気になった私たち。

外車ではあるのですが、写真を見てわかる通りすごくコンパクトです。

後部座席は狭く、普通車なのになんと!!4人乗りです。

車内は娘が乗っている軽自動車のキャンバスの方がよっぽど広いです。

外車ゆえのウインカーが左でワイパーが右、ウインカーのつもりがワイパーが作動する事しばしば・・・

最近は左ウインカーに慣れたのか先日会社の車に乗ったら雨でもなのにワイパーが動いた時は自分でもビックリして一人で笑ってしまいました。

 

(ナンバーを消す意味があるのかどうか・・・)

外車だとお値段高くないの~~~???と興味深々に思われがちなのですが、なんとこの車お値打ちなんですよ~皆さん!!

性能の事は良くわかりませんが走りが滑らかで運転はとてもしやすいです。

社長はもちろん、娘も気に入ったようで3人からモテモテのトゥインゴさんです。

色々な機能もついているらしいですが、わからないボタンやレバーは今の所は怖くて触れません・・・

この限定車はフランスのスポーツブランドのルコックスポルティフとのコラボなのでルコックのマークがついているのですが、このマークが何なのかまったく知らなかった無知な夫婦です・・・

もしこのブログを見て気になったあなた!良かったら是非見に来て下さいね。

以前の雨ざらしだったフィット君とは打って変わって、トゥインゴさんは普段はガレージの中でぬくぬくとしておりますが希望があれば事務所まで連れて来ます。

と、ルノーの回し者でも何でもないのですが、車好きの人でも意外と知られていないこの車をもっともっと沢山の方に知って欲しくてブログにてお披露目しました。

 

日々安全運転を心掛けこのトゥインゴさんとも長いお付き合いをしたいと思います。

 

 

ここまで読んで頂き有り難うございました。

 

 

2019.12.13 | スタッフブログ

我が家の冬の風物詩

少しずつ寒さが厳しくなってきました。

個人的には12月の寒さとしてはまだまだだと感じているのですが、

我が家のお殿様の姿を見ると寒さが厳しくなってきたのだと感じるこの頃です。

ちゃんと猫用ベッドがあり、そこに湯たんぽまで用意をしているのですが

朝起きるとちゃっかり私の腕枕で寝ています。

 

髙木

 

scrolltop
  • ワークショップ
  • 不動産
  • 動的診断
  • facebook
無料査定
住所:

※住所を入力して送信ボタンをクリックするとカルテ作成画面に移動します。