INFO
INFO

お知らせ

2019.9.27 | スタッフブログ

なんで?に答える「区域区分」3

こんにちは、不動産ショップの髙木です。

前回に引き続き

「なんで岐阜にも田んぼじゃなくてビルを建てないの?」

に答えていきたいとおもいます。

 

前回は

 

全国の割合としては市街化区域・市街化調整区域:非線引都市計画区域=51:49ぐらいになります。

では、岐阜は…?

 

で終わりました。

 

ちなみに質問者の甥っ子の住まいは安八町で、普段遊びに来るじいじ、ばあばの家は垂井町です。ですので、甥っ子の「岐阜」=「安八町&垂井町」となるわけです。土地勘のある方でしたら「安八町&垂井町≠大阪のようなビル」となるかと思いますが、細かいことは気にしないで続けます。

 

岐阜は…?

 

少し古いデータですが、色がついている部分が都市計画区域内です。

それ以外の白色の部分が都市計画区域外です。

地域名の枠、赤色が線引き都市計画区域(市街化区域または市街化調整区域)、水色が非線引き都市計画区域で用途地域指定、白色が非線引き都市計画区域で用途地域未指定となります。

ご覧の通り都市計画区域外(つまり山、もしくは人の住む気配がない緑豊かな場所)が大半を占めています。ちなみに岐阜県は面積における森林割合が79.1%で日本第2位ですので納得いきます。

では、用途地域とはなんでしょう?

続く

scrolltop
  • ワークショップ
  • 不動産
  • 動的診断
  • facebook
無料査定
住所:

※住所を入力して送信ボタンをクリックするとカルテ作成画面に移動します。