INFO
INFO

お知らせ

2019.9.10 | スタッフブログ

カバはサクラの木?

こんにちは。営業課の八代です。

当社では新築のお客様に床の素材として無垢板のフローリングをおすすめしています。
本物の木ならではのあたたかみや、一つ一つ表情の違う木目は見ていて癒されます。

主に3種類ご用意しておりまして、手前下からナラ、アカシア、カバとなっております。

この最後の「カバ」と聞いて皆さんは何を思い浮かべますか?動物のカバですか?実はカバという木があるのです。

先日のお客様との打合せの中で、「カバって何の種類の木?」という質問が出ました。
私は頭の中に『カバ桜』という言葉が浮かんできたため、とっさに「サクラの種類です。」と言いました。

しかし、何かひっかかるものがありました。

「カバってサクラの一種だったっけ?でも『カバ桜』とよく聞くしなあ…。」

すごくモヤモヤが残ったため、打合せ後調べてみました。

結果・・・!カバはサクラの木ではありません・・!

いわゆる「カバ」とは「ウダイカンバ」の木のことだそうです。
仲間で有名なものに林が綺麗な白樺(シラカバ)があります。

そして何故「カバ桜」と呼ぶかと言うと、木目が桜に似ているから。
しかし、カバとサクラ(このうちサクラでも山桜)ではどちらが希少かというと、山桜の方が材として貴重です。
そのため、古くから山桜の代用品としてカバ材が使われてきたそうです。そのうち通称的に「カバ桜」と呼ばれるようになったのだとか。

そして、カバのことを「バーチ」とも言いますよね。これは主に北米産のことを指しているのだそうです。

左がカバ、右がサクラです。

並べてみると繊細さがよく似ていますね。

ちなみにナラと一言で言いますが、ナラにも「コナラ」と「ミズナラ」とあり、材として使われるのはミズナラの方です。

木材は奥が深いですね。

一新建設ではフローリングだけでなく、木をつかった独自性あふれる事例も沢山施工しております。

興味のある方はぜひお問合せくださいね!

 

<参考にさせていただいたサイト様>

https://shop.woodworks-marutoku.com/staffblog/2017/12/post-68.html

http://www.mokuzaikako.com/contents/wood_7.html

 

scrolltop
  • ワークショップ
  • 不動産
  • 動的診断
  • facebook
無料査定
住所:

※住所を入力して送信ボタンをクリックするとカルテ作成画面に移動します。